teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


シーズン最終

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年10月 1日(木)17時45分46秒
  9月末より、やや天気が続き、本流は減水気味です。終盤の鮎はまだサビが出ていない鮎が多く、加えて大型のものが残っています。地元のアユ士たちは、この鮎を狙って竿を出しています。鮎男も竿納めの気配を感じながら、毎回釣りに行っています。今日は午後2時から4時半まで水神に釣行しました。先行者は3名ほど居りましたが、さほど場荒れしていなく、のんびり釣りを楽しめる状態でした。かかる鮎は大小バラバラですが、流心では25センチ近いアユが出ています。仕掛けを終盤にきてナイロンに変えてみましたが、細糸を使ったせいか、最初に、おとりと一緒に切られてしまいました。あれやこれやと場所移動しながら、4時半までに9匹の釣果。この時期まずまずのようです。  
 

落ち鮎のシーズン

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 9月 8日(火)19時10分4秒
  9月になり、アユは徐々にお腹が膨らみ、抱卵の季節を迎えています。このところの夕立で、毎日のように、少しの増え方ですが増水を繰り返し、淵に入っていた鮎が、浅瀬に出ているようになりました。引きはかなり強くなり、多少無理しても肉切れは起こさず、意外と楽しめる釣りができるようです。鮎男も久しぶりに釣行しました。日中は気温が高く、湿度も多いので、集中力が必要ですが、15:00過ぎますと、日も傾きコンデションはかなり良くなっています。浅瀬の泳がせ釣りで野鮎が激しく追い気を見せています。午後水神にて14:00から17:00まで大小10匹の釣果でした。  

アユ終盤か?

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 8月25日(火)18時12分52秒
  晴天続きで、アユの追い気は日中はいまいちです。急瀬の流心にアユは付いていて、おとりに反応はいま一つ、また連日、雷の影響で、夕刻遅くまでは釣りになりません。どちらかというと、夕方のほうが、大型のアユは追いがよく、今日も最後に、急瀬の流心にて、先行者が帰った後、静かの泳がせて釣れたのが幸いでした。写真は本日の釣果、時間は15:00~17:0017:00、24cmを頭に10匹の釣果でした  

青ノロ

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 8月10日(月)19時32分43秒
  毎年、暑さが本格的になると、本流は青ノロが付き始めます。高黒の瀬でも例外でなく、大石周りには、青ノロがついています。それでも盛期のアユの引きは強く、釣り人を魅了してやみません。今日は午後1:30から5:00まで水神に釣行、対面に釣り人が入っていたせいか、最初はなかなか釣れ渋り。それでも急瀬の中では型の良いアユが掛かっていました、流心には青ノロも比較的少なく、根気よく泳がせれば、釣果は期待できそうです。盆休みは3蜜を避けて釣行してみるのもよさそうです。釣果9匹でした。
 

盛期のアユ

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 8月 6日(木)19時09分46秒
  夏本番を迎え、本流のアユの活性も日増しに高くなっています。先日の増水後、少しづつノロ付きも良くなって、アユの活性はかなり高くなっています。急瀬の流心にて縄張り意識の強いアユが活発におとり鮎を追っています。今日は久しぶりに高黒の瀬最下流に(水神の流れ込み)釣行しました。平日とあって人はまばらでしたが、よく釣れるポイントには釣り人が集まっていました。鮎男も午前10:00から12:30分までの釣行でしたが、炎天下にもかかわらず。大小合わせて11匹の釣果でした。週末からの連休は楽しめそうです。  

余笹川

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 7月24日(金)17時07分49秒
  久々の天気にて、かねてから気になっていた余笹川に釣行、休日のため釣り人がチラホラ。しばらく見ていても竿は上がらず。どうも釣れなさそう。少し遠くに車を止め、堤防を下りる。川底は光る石が目立ち、魚は居そう。用意整え、瀬中心に攻める。いきなり17センチくらいののアユがかかるが、その後さっぱり。場所を移動しつつ、拾いながら12:30分まで10匹の釣果でした。川底は砂がたまっている場所もあり、流れがあり、石が並んだところがねらい目なようです。  

ノロ切れしてます。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 7月19日(日)19時01分31秒
  増水後久々に釣行、高黒の瀬に入るが先日の増水で白川(ノロ切れ)、1時間で高岩大橋下に移動。釣り人多数も、ノロぐされ起こしていて、釣果はいまいち。周りも竿は上がらず、1時間ほどで納竿。釣り人が集まっていたのは町裏歩道橋上下、日暮れ~小舟渡、高岩大橋上下あたりでした。いずれもあまり釣れなかったようです。写真は、高岩大橋下流、高岩下流のものです。  

水量落ち着きました。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 7月11日(土)19時11分8秒
  連日の増水で、釣り人は一時待機を余儀なくされています。各ポイントでは、増水のためノロ切れを起こし、釣りには、ポイントの選定が釣果を分けることになりそうです。照りこみがなく、連日の曇り空で川底の白さが目立っています。また上流余笹川方面、那須町運動公園下流にて釣果の情報が入っています。写真は高岩大橋下流、まだ水量の多さが目立ちます。  

しばらく待機!!

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 7月 8日(水)19時08分49秒
  今回の大雨で一週間前よりさらに増水しました。当分釣りはダメかも。写真は、湯坂川合流と、高岩大橋下流です。  

増水中!

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 7月 1日(水)17時41分19秒
  低気圧の影響で本流増水中です。濁り有り。  

大雨でした。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月28日(日)17時53分21秒
  昨晩からの雨は、明け方にはピークに達し、本流も増水しました。雨は八溝地区に多く降り、濁りは
警察下、松葉側から下流域できつくなっています。午後には、町裏歩道橋下流にて竿を出していた方がいました。増水は水神付近で、目測50センチ程度増えたようです。写真が午前中の湯坂川合流部、濁りは少しでした。
 

型がよくなる。2

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月27日(土)19時31分55秒
  久しぶりに太陽が顔を出し、気温も上がった土曜日、仕事が休みの方も多く、釣り人は各ポイントに入り竿を出していました。本流は、青ノロが付き始めて、条件は少しづつ悪くなってきています。水量は平水に戻っていますが、雨が多く、少量の雨でも増水してしまいそうです。鮎男も今日は午後いつもの水神に釣行しました。鮎は釣れないと見えて、人は多いものの竿はあまり上がっていませんでした。強瀬には釣り人が多数入っていますので、チャラ瀬を攻めることにしました。はじめは掛かりが悪く、加えて取り込みの不手際で、鼻かん周りが切れてしまうアクシデントが2回、キャッチミスが2回、泣く泣くの滑り出しでした。2:00過ぎたころからポイントにて掛かりはじめ、4:30分までに19匹の釣果でした。型は大きいもので18センチ~20センチ程度、腹が膨れてたっぷりノロをなめています。  

型がよくなる。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月25日(木)21時04分18秒
  数回の増水で本流のアユは型がよくなってきました。加えて急瀬では、細糸が切られてしまうほど匹が強くなってきました。釣果にはまだばらつきがありますが、梅雨の晴れ間に竿を出してみる価値はあると思います。写真は本日の釣果、午後1:00から3:00まで、釣果8匹のうち3匹は仕掛け切れ、場所は水神の急瀬でした。  

ノロ切れか?

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月15日(月)19時11分38秒
  増水後、ようやく水が落ち着いたので、午後釣行に。平日ながら釣り人は結構出ていました。各ポイントには人が入り、場荒れした様子。竿はなかなか上がらず、かなりの釣れ渋り、急瀬のノロは流れ気味かも。釣れている鮎は、皆小ぶりで、簡単に上がっていました。鮎男はおとりを確保し水神に釣行。午後2:00から4:30まで6匹の釣果でした。  

照りこみに期待!

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月13日(土)19時44分8秒
   一昨日からの雨で、減水中だった本流は元の水量に戻ったようです。まだ濁りはありますが、大きな増水ではなく、適度な水量のため、急瀬の流心以外はノロが残っているようです。気の早い太公望が竿を出していましたが、気温の急激な低下により、水温も下がり、釣果はあまり期待できなかったかもしれません。写真は高黒の瀬、まだ濁りは取れていません。  

少し増水しました

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月12日(金)19時39分49秒
  昨夜の雨で本流は増水しました。(高黒の瀬にて目視で30センチくらい)夕刻また雨が降りましたのでまだ濁りは取れない状況です。明日の釣りは、濁りが少しある状況かと思います。天気予報では午前中雨模様ですが昼過ぎには上がりそうです。気温はやや低めなようですが、週末良い釣りができるかもしれません。写真は那珂橋下流と高黒の瀬です。  

減水しました。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月 7日(日)17時35分3秒
  午後2:00よりカニ岩に入る。日曜日のため釣り人多数。場所探しに一苦労。先日より水量が少なく、いつものポイントではアユの姿さえ見られず。夕刻5:00まで粘るも16センチを頭に6匹、増水待ちです。  

湯殿橋

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月 4日(木)17時15分12秒
  午後釣り仲間のみっちゃんと待ち合わせ、湯殿橋下流に入る。川底の石はナメが少なく、アユはまだ小ぶり、瀬には出ておらず、橋脚の深みにたむろしている。水量が少ないせいか瀬付きが悪く出水待ちの様子。週末の兆候は町裏周辺が(放流場所)無難かも。3時まで小ぶりな鮎2匹。写真は湯殿橋下流(釣り人は少ない)  

鮎男解禁しました。

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2020年 6月 3日(水)17時16分36秒
  三日遅れの解禁です。午後14:00から16:00まで水神に入る。(高黒の瀬下流)前半1時間は当たりなし、川底は砂が巻いていてポイントが少ない。左岸石が入っている場所は先行者がいて我慢の1時間、なかなか釣れ渋っていて、先行者はほどなく納竿。その後ポイントに入り立て続けに10匹、型は16~17センチ、おとりにはちょうど良いサイズ、久々の友釣りの感覚に満足して納竿しました。(カメラを忘れたので写真は次回に期待してください。)  

型は大きく

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2019年 8月12日(月)06時12分2秒
編集済
  11日、早朝の花火、今日は芭蕉の里鮎釣り大会。そうとは知らず、午後3:00より高黒の瀬に入る。水量は多めで流れが急瀬、仕掛けに重りは必要でおとり鮎の弱るのも早い。流心には型の良い鮎がついていて、早朝、夕刻ならヘチにて日中は急瀬の中が狙い、おとりは多めの用意が必要。午後5時までに23cmを頭に6匹、塩焼き3人前の釣果でした。(カメラが電池切れで写真が撮れませんでした)  

場荒れ

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2019年 8月10日(土)18時32分30秒
  本日、鳥の目キャンプ場(旧黒磯市)上流に釣行。先行者1名。川底の石は部分的に光っているが、全体に魚影は薄く、放流魚も釣り切った感が強い。残りの魚は型がよく、小ぶりなものでも20センチメートルは超えている。増水後は魚がばらけて、釣果は上がるが、一度釣ってしまうとまた増水待ちのようで、アクセスの良いところは増水後1~2日で釣れなくなってしまうようです。鮎男は午前中2時間で3匹の釣果でした。(残念!!)久々にキュウリの匂いのする鮎が釣れました。  

増水後の釣果

 投稿者:アユ吉  投稿日:2018年 8月11日(土)22時09分46秒
  本日は増水のなか、黒磯河畔公園上の右側の川で24尾でした。上流はアカも飛んておらず、青藻が結構、残っている状態です。  

水量戻る。

 投稿者:鮎男  投稿日:2018年 7月30日(月)17時54分33秒
  一昨日の台風の雨で、本流は増水しました。しかし水量は期待したほど多くなく、青ノロは完全には流れませんでした。それでも芭蕉の里釣り大会では、優勝者が50匹、準優勝者が45匹の釣果を見ています。鮎は一斉に淵から飛び出し活発に縄張りを持つようになっています。  

再挑戦

 投稿者:鮎男  投稿日:2018年 7月21日(土)21時48分13秒
  午後昨日と同じ場所に向かう。土曜日なので先行者有り。場荒れしてなかなか釣れず、程なく小ぶりの鮎が1尾、何とかおとりになるサイズ、その後、ポツポツ釣れ、納竿までにまた10匹、少しやる気をなくしそうな釣果でした。昼14:00~17:00まで、チャラ瀬を攻めました。  

やや持ち直しか?

 投稿者:鮎男  投稿日:2018年 7月20日(金)19時10分10秒
編集済
  相変わらずの高温、今日も36度、釣りには暑すぎる天気だが、川の条件は整いつつあるようです。本流は渇水状態ですが、場所の選定で釣果は望めそうです。久々に午前の釣行、かに岩に入る。上下にも先行者なし。川の条件は比較的よく、青のろも比較的少なめです。急瀬と落ち込みのポイント、鮎の食んだ石は黒々と光っており、ポイントの見分けは容易です。型も先日よりよくなって17~18センチ程度が混じり、時には入れ係りの場所も、これからが楽しみです。朝9:30~12:00まで10匹、ウグイ1匹、オイカワ1匹、葦際にて放流1匹の釣果でした。  

気温36度

 投稿者:鮎男  投稿日:2018年 7月16日(月)18時04分19秒
  気温36度、近年まれに見る暑さ。涼しいうちにと、9:00より落石(馬洗い場最上流)に入る。先行者有り。水量は少なくポイントは比較的狙いやすい。気温の高さと、減水の影響で鮎の活性は著しく悪い。ポイントでは鮎の食む姿は見られるが、縄張り意識は薄く、なかなか針掛かりしない。昼までに拾って8匹、500mlのペットボトルでは水不足にて昼で納竿、夕刻のほうが条件は好いかもでした。  

少し増水!

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2018年 6月13日(水)19時15分32秒
  昨日の雨で本流は少し(20cmくらい)増水しました。昨日とは一転、朝から快晴となりました。釣り人は平日のせいか少なく、どのポイントにも入れる状態です。簡単にポイントの移動ができるため、場荒れは免れず、場所を移動してのつりとなっています。魚は増水で動いたらしく、ポイントには、ノロを食む姿が目に付きます。ただ型がまだ小型のため、引きのほうはそれほどでもなく、今後の成長に期待がかかるところです。鮎男は午後3:00過ぎ、馬洗い場に入りましたが、先行している釣り人の間を縫っての釣りとなりました。午後5:00までに子ぶりながら7匹の釣果、水温が上がれば今後に期待できそうです。写真は本日夕刻の馬洗い場です。  

鮎男解禁デス!

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2018年 6月 2日(土)19時28分34秒
  解禁2日目、鮎男も解禁になりました。本流はここ近年もっとも鮎の数が多そうです。ただ解禁当初のため型は小ぶりのものが多く、加えて釣り人の多さが目立ちます。鮎男は本日午後3:00から馬洗い場に釣行しました。まだ解禁2日目のため釣り人が多く、狙ったポイントにはなかなか入れません。やむなく釣り人の間を縫って高岩大橋左岸に入りました。最初の30分はあたりなし、先行者が釣った後でしょうか。しかし見ていると鮎が所々で子ぶりながらはねているのが見えます。ポイントにおとりを投入して間もなく、小ぶりの鮎がかかります。周りの釣り人が寄ってきます。場所を下流に移動しながら、30m程度のところをあがったり、下がったり、かれこれ2時間釣って釣果8匹、バラし6匹(仕掛け切れ1匹、取り込み失敗5匹)。今年は楽しめそうな予感です。
 

解禁の天気

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2018年 5月30日(水)17時44分35秒
  天気予報では、本日昼ごろから小雨の予報でしたが、降り出しは夕方になりました。周辺のポイントでは極端な減水状態です。本日と明日、雨が降れば、水量は少し回復すると思いますが、鮎の活性は疑問なところです。比較的流れのある馬洗い場、高黒、警察下あたりが狙い目になるかと思います。町裏の様子は、明日画像UPしたいと思います。  

解禁釣果

 投稿者:中川鮎男  投稿日:2016年 6月 2日(木)19時20分13秒
  昨日の解禁日に続き、本日も北の風強く、加えて渇水のため、釣りには悪条件が重なっています。昨日の解禁日には、一本松周辺にて30匹以上釣り上げた方、また小船戸周辺では60匹を超える釣果を見た方がいたようです。本流全体は、石が黒光していますので、魚影は比較的濃いのではないでしょうか。水量が少ないため、鮎の追いはすこぶる悪く、釣果にはかなりの差が出たようです。今日は昨日に続き、強風が吹いて、早々納竿した方が多かったようです。一雨ほしいところです。また下流小川方面では20センチを超える魚が掛かっているようでした。  

レンタル掲示板
/38